カテゴリー
観光情報

「やまなしプラザ」は隠れた穴場 地下にひっそりとある“甲府城石垣展示室”

甲府駅南口から歩いて5分ほどの平和通り沿いにある茶色い大きな建物。ここは山梨県防災新館といって災害時等の防災拠点としての役割を果たすために2013年に完成した建物で県の行政組織も配置されているのですが、1階は「やまなしプラザ」といってジュエリーミュージアムやレストラン、県特産品ショップなども入っています。

「やまなしプラザ」が入る山梨県防災新館

その地下1階にひっそりとあるのが「甲府城石垣展示室」。これは防災新館建築時に発掘調査によって確認された甲府城の内堀(一の堀)の石垣なんです。
一旦は仮置き場に保管され点検後に移設復元したものなんですが、実は甲府城って現在の3倍の敷地面積があったのをご存知ですか?現在の甲府駅や山梨県庁舎などは昔の甲府城の中に建っているんですね。そう考えると甲府城って現在でも大きいと思うのですが、元々は相当な大きさであったということがわかりますよね。甲府城についてはまた後日取り上げたいと思います。

この木は胴木といって石垣の重みや水で崩れが生じないように基礎に木材を敷いた。
約13mを移設復元した築城時の主流であった野面積み(のづらづみ)による石垣

石垣の図面が飾ってあったので撮ってきたのが上の写真。胴木が一番下に敷かれているのが分かりますよね。根石から積み上げて合間には詰石、内部には裏込石など入れることで強度を保つんでしょう。その他にも算木積みといった石垣の隅部の強度を上げる技法もあったりで、昔の築城技術って本当にすごいといつも感心させられます。

かつての甲府城の大きさがうかがえます。城内地図の赤丸がやまなしプラザ位置

石垣の積み方についての説明があります。(野面積み、打込み接、切込み接)

築城された安土桃山時代から江戸時代にかけての城主、藩主の変遷など。

簡単な展示室ですが無料で見ることができ、また石垣についてや甲府城についてもその歴史に触れることができます。機会があったら訪れてみてはいかがですか?

やまなしプラザhttp://www.yamanashi-plaza.com/

甲府観光ツアー専門.
カテゴリー
観光情報

酒折宮 “連歌発祥の地” 古事記・日本書紀にも記され日本武尊が立ち寄った神社

【主祭神は日本武尊(倭建命)】

JR中央線「酒折駅」のすぐ近くにある「酒折の宮」を紹介します。
決して大きな神社ではなくこじんまりした神社なんですが、境内には石碑がいくつかあってただならぬ感じがするのです。
この神社は古代、ヤマトタケルノミコトが東国の蝦夷討伐の途中、立ち寄った行宮の地とされ古事記や日本書紀にも記載されているというからびっくり。
ヤマトタケルノミコトが酒折の宮に着いたとき

「新治、筑波を過ぎて、幾夜か寝つる」
 (茨城県の新治・筑波を出て、ここまでに幾晩寝ただろうか)

と歌われたところ家臣の中に答えることができた者がいないなか、御火焼(焚き火番)の老人が

「かがなべて、夜には九夜、日には十日を」
 (指折り数えてみますと九泊十日かかりました)

と答えの歌を読んだとのこと。尊はこれを大変誉めて、東の国造の位を授けたという伝説が残っています。
これが後に連歌の発祥の地となったとのことで、多くの学者、文学者が訪れる場所となりました。

その他にも境内には1762年に国学者である山県大弐(甲斐出身)がその師である加賀美光章らとともに社殿を造営した際に、この地が東征の故事に記された酒折宮旧址であることを記した「酒折祠碑(しひ)」、又1766年に国学者本居宣長が「酒折寿詞(よごし)を撰文し碑を興隆したといわれこれらの石碑が並んでいます。

      酒折祠碑(しひ)

酒折の宮…甲府市酒折3−1−13 JR中央線酒折駅から徒歩5分程

http://sakaorinomiya.jp/s/top.html

     酒折寿詞(よごし)
甲府観光ツアー専門.

カテゴリー
その他 観光情報

戦国時代の「甲冑」を手作り!?あまりの完成度の高さに驚きと感動!

甲府市総合市民会館で「武田信玄公・生誕500年記念ー第6回甲冑展」が開催されていたので立ち寄ってみました。

【甲冑を手作り】

実際ところ“甲冑”といっても厚紙、段ボール、プラスチック等に布を張り付けたり紐を組み込んだりして作り上げた甲冑なんです。ところがその完成度の高さにてっきり本物の甲冑かと思ってしまいました。
製作したのは「甲斐手づくり甲冑の会」の皆さま。これまでも日本の甲冑の素晴らしさを広めようとこれらの甲冑をまとい、県内のイベントや祭りに参加し盛り上げているようです。
子供用の小さな甲冑もあるのでイベントで身につけた子供達は大喜びすること間違いなしでしょう。

山県昌景の赤備え
真田氏の家紋六文銭が兜に
ピンク色の甲冑も!
右の小さいのは子供用!?
小型版の甲冑。飾って置くのにちょうどいいサイズ

「第6回甲冑展」は6月7日(月)まで甲府市総合市民会館1Fで開催中。
 関係サイト:甲府市総合市民会館イベント情報
         http://www.aluty.com/calender/

甲府観光ツアー専門.
カテゴリー
その他 観光情報

山梨の伝統工芸“甲州印伝”の歴史と文化を伝える「印傳博物館」。今、世界へと羽ばたく!

【印伝をご存知?】

“印伝をご存知?”と見出しで書きましたが、実際にどうなのでしょう?
我々山梨県民からすると甲州印伝を知らない人はいない、と言って過言ではないでしょう。山梨のサラリーマンは名刺入れとして印伝を使っている率が高い、と勝手に私は思っています。(これまで見て来た限りでは)
当然、県外の有名デパート他、直営店などもあって全国で販売されています。
ただ、昔のイメージだと“印伝は年配の人が持つもの”といった感がありました。
それが最近では新しい色、デザイン、カテゴリーなど目新しいものが続々出ているんです。

【鹿革に漆で模様をつけた技法】

印伝の言葉の由来は、印度伝来(インドでんらい)の略称?諸説あるようですが、戦国時代には鎧や兜にも印伝が使われていたようです。丈夫なうえに柔らかく強度があるため重宝されたそう。江戸時代になって巾着やタバコ入れとして庶民の間でも粋なものとして流行ったようです。
山梨は鹿革も漆も産出される好条件がそろっていて伝統工芸として発展してきたとのことです。

【印伝の歴史を伝える“印傳博物館”】

甲府市の印傳屋本店2Fに「印傳博物館」があります。広いスペースではないのですが印伝の歴史やこれまでの代表作が展示されていて、また特別催事として私が訪れた時は「鹿革の財布 〜銭入あれこれ〜」と題して昔の財布などが展示されていました。なかなかこういったものを見る機会がないのでとても新鮮でした。

印伝の製造過程などビデオで紹介
歴代に代表作が並ぶ
甲州印伝の歩みが紹介されているパネル

印伝博物館…甲府市中央3丁目11ー15
ホームページ:https://www.inden-museum.jp/info/

甲府観光ツアー専門.
カテゴリー
その他 観光情報

結構おもしろい!「山梨中銀金融資料館」展示貨幣から歴史を知る!

金融資料館とは?

「山梨中銀金融資料館」に行ってきました。山梨中銀とは山梨を代表する地方銀行である山梨中央銀行のことです。この資料館、以前からあることは知っていたんですが一度も行ったことがありませんでした。どうして「金融資料館」という名前から堅苦しいイメージがして、いまひとつ行くきにならなかったのも事実です。

金融資料館入口

銀行の歴史紹介だけかと思ったら!

受付でコロナ関係のチェック表を記入し、いざ中へ。資料館自体が巨大な金庫の中にあるイメージ。というのもそこには貴重な昔の貨幣が展示されているので警備が厳重なのは当然と言えば当然。古代貨幣から始まり、我が国最初の流通貨幣「和同開珎」
日宋貿易で輸入した宋銭、戦国時代の金貨、銀貨などが数多く展示されています。
山梨中央銀行の歴史(第十国立銀行として誕生)だけが紹介されている施設という当初の思い込みとは裏腹に実物の貨幣が年代ごとに展示された“貨幣博物館”のような感じ。甲府市南部エリアから発見された2000年前の中国貨幣など見るからに貴重だとわかるものがずらっと展示。結構、見入ってしまいました。
(ショーケースの中は写真を撮らないようにとのこと。年表や説明資料を中心に写真を撮りました)

武田氏の幣制は江戸幣制に取入れられた!

甲州(山梨県)は金の鉱脈に恵まれていて、甲州金制度が確立、武田信玄の時代に隆盛を極めたようです。徳川家康は江戸時代の金貨に甲州金の四進法の貨幣単位を取入れたといわれています。現在の“円”のルーツもこの甲州金であった、という研究結果も出ておりいかに優れた制度であったかが分かりますね。

世界の紙幣を特別展示

金融資料館では8月31日まで特別展として「世界の紙幣に選ばれた英雄たち」と題した展示をしています。通常は国王、学者、大統領などが多いとは想定できますが、アフリカでは普通の少女が紙幣に描かれていたりもするんです。なぜかというと、国王の絵だと権力が衰えると描きなおしになる、とか、現職の国王を描くことは独裁につながる、とか、庶民が国の中心なのだから庶民を描く、との理由だそうです。国ごとに様々な理由で紙幣に描かれる人物を決めているんですね。

外国紙幣の紹介

正直言って面白かった!

スタッフの方に案内説明をしていただき、とても分かりやすく、また理解が深まりました。自分一人で見学しただけではここまで面白いとは思わなかったかもしれません。スタッフの皆さまありがとうございました。
興味を持たれた方は是非行って見てくださいね。

ヤップ島(ミクロネシア)の石のお金。
お金の価値は大きさでなく、この石を取りに行くのにかかった労力によって決まるそうでとても面白い

山梨中銀金融資料館…甲府市中央2丁目11−12 甲府駅南口から徒歩12分
     HP: https://www.yamanashibank.co.jp/aboutus/museum/

甲府観光ツアー専門.

カテゴリー
その他

山梨大学校内にある「大村智記念学術館」。ノーベル賞への道は人の縁と偶然から!。

大村智記念学術館 正面

【ノーベル医学・生理学賞受賞】

2015年のノーベル医学・生理学賞を受賞した大村博士は山梨大学の卒業生です。(現在は特別栄誉博士)その功績を末永く顕彰するために設立されたのが「大村智記念学術館」です。
大村博士は微生物が作り出す天然の有機化合物の研究を長年行った結果、新たな化合物を500種ほど発見し、そこから感染症予防薬を作り出した方です。

【記念学術館のデザイン】

この建物を初めて見たとき、「あれ、なんか変わったデザインだな」と感じました。一般的な学術館、記念館とは少し違う感じがしたのです。
これは山梨大学の前身で江戸時代に創設された甲府学問所「徽典館(きてんかん)」をモチーフにデザインされたとのこと。逆に江戸時代にこんな洒落たデザインの建物があったとはビックリです。

徽典館二代目校舎

【館 内】

まず入口を入ると大村博士の銅像が目に入ります。
さらに館内に入るとショーケース内にはノーベル賞のメダルが…

銅像
ノーベル賞メダル

そのほかにもたくさんの表彰、研究資料などが展示されています。

文化勲章受賞
ノーベル賞授賞式の写真
大村博士の足跡

【学術館の横に立つ博士の言葉】

入り口横に立つ大村博士の石碑「至誠惻怛」(しせいそくだつ)。正直、説明を見るまで何と読むのか、どういう意味なのか、全く分かりませんでした。
説明文を読んで納得、幕末の陽明学者のことばだったんですね。とても感銘を受けました。

山梨大学・大村智記念学術館…
甲府駅北口からバスで6、7分程。入場無料・火曜、年末年始休館
    ホームページはこちら 👉 https://omura-museum.yamanashi.ac.jp/

甲府観光ツアー専門
カテゴリー
観光情報

甲府市“文学の香り”を訪ねて 太宰治が暮らしていた時代と街を感じて!

甲府市は太宰治が暮らしていた街であったことを皆さん、ご存知ですか?
昭和13年に甲府を訪れ、そこで結婚することになり新しい新居を構え甲府を舞台にした作品を発表することになるのでした。結婚後、実際に甲府で生活した期間は7ヶ月ほどであったようですが、夫人の実家があるのでその後も湯村温泉を何度か訪問されたとのこと。
彼の短い人生の中で、甲府での生活はどんな感じであったのか、太宰と関わりのあった場所を訪ねてみました。

【結婚後の新居跡】

結婚した太宰は妻の美知子さんと昭和14年に新居である甲府市御崎町(現在は朝日5丁目)の借家で7ヶ月程暮らしたそうです。その借家は甲府空襲で焼けてしまい、現在その場所には「太宰治僑居(きょうきょ)跡」と書かれた石碑が残っています。

新居跡の石碑

【御崎神社】

新居のすぐ近くにある御崎神社は太宰が散策で歩いた場所の一つ。小さな神社ですが当時太宰がここを執筆の合間に訪れたのかと思うと感慨深いものがあります。

御崎神社の社号票
神門(楼門)
御崎神社拝殿

【喜久の湯(太宰が通った銭湯)】

太宰の新居から東にちょっといったところにある「喜久の湯」。昭和9年の創業とのこと。今でも地元の方々の憩いの場でもあります。

喜久の湯

【清運寺】

太宰が結婚前に下宿していた「寿館」はこの清運寺のすぐ近くにあり、太宰はこの寺にも執筆の合間によく通ったと言われています。境内の藤の棚の下には太宰の等身大(?)パネルが置いてあります。

太宰のパネルがあります。

太宰に関わる跡地や施設はJR甲府駅からほど近いところにまとまってあります。徒歩でも難なく見て回れますので甲府へ来た際には是非、太宰の足跡を訪ねて見てください。

新居跡…甲府市朝日5−8−11付近
御崎神社…甲府市朝日美咲2−10−34
https://genbu.net/data/kai/misaki_title.htm
喜久の湯…甲府市朝日5ー14−6 https://yamanashi.k-o-i.jp/koten/kikunoyu/
清運寺…甲府市朝日5−2−11 http://seiunzi.main.jp/frame.htm

ついに登場‼︎ HKPツアーズ 
「文学の香りを訪ねて太宰の足跡をたどるプチツアーhttps://hkpt.net/dazai-osamu-tour/

2022年9月から開始予定です。乞うご期待!

カテゴリー
その他 観光情報

甲府の超有名神社「武田神社」の“三葉の松”って?どうしてあるの?知られざる言い伝えが…

武田神社は昔、武田氏の館(つつじが崎館)があった場所です。武田信玄公を祀っていて山梨県では最も有名な神社です。

武田神社正面
拝殿前から奥に本殿が見える

ところでこの神社の境内にある“松“は日本では非常に珍しく葉が3本あるんです。
それで「三葉の松」というのです。

三葉の松(写真)

三葉の松で有名なのは空海が建立した“高野山金剛峯寺“。ここの松が3本の葉があって「三鈷の松」(さんこのまつ)といわれ信仰を集めていたのです。
ではなぜ武田神社にもあるの?
言い伝えでは高野山を信仰していた信玄公が亡くなった際に、信玄公を慕ってつつじが崎館に種子が飛来したとのこと。なんか、いい話ですよね!

武田神社で販売している招福「三葉の松葉」のお守り
黄金色になって落葉するので「金運」のご利益があるといわれてます。松にはもともと「延命長寿」の縁起もあるとのことです。」

この「三葉の松」、実は甲府城にもあるんです。城内の北東にある稲荷櫓(いなりやぐら)の近くにあるんですが、これは武田神社から移植したとのこと。
甲府城のボランティアガイドである「甲府城御案内仕隊」(こうふじょうごあんないつかまつりたい)では冬期、黄金色になって落葉した三葉の松葉をパウチしてご案内した方々に無料で贈呈している隊員もおります。

境内で見ることができる烏骨鶏(うこっけい)

新情報

2022年9月末からタッチパネル付きの案内パネルが神社入口の階段前に設置されました。境内の案内や歴史などの説明が見られる上に近隣の観光案内マップもあってとても便利です!

武田神社HP:http://www.takedajinja.or.jp/

【関連ブログ】

⚫️武田家3代の詰城「要害城」
https://hkpt.net/event/yogaijyo/

⚫️「日本100名城の武田氏館 武田三代を垣間見る」
https://hkpt.net/event/takeda-yakata/

⚫️「武田神社周辺散歩
  …武田氏にまつわる史跡を訪ねて
https://hkpt.net/event/traveling-around-takeda-shrine/


⚫️「武田信虎公が創建した甲府(甲斐府中)」
https://hkpt.net/event/kaifuchu-jyokamachi/


⚫️「武田信玄にまつわる夢見山伝説」
https://hkpt.net/event/shingen-yumemiyama/

★おすすめツアー

⭕️歩いて甲府の街歩き 歴史再発見!
「甲府のまち ウォーキング・プチツアー いにしえコース」(案内ガイド・昼食付)

⭕️甲府のメイン観光地をめぐる王道コース!

甲府観光ツアー専門.
カテゴリー
観光情報

甲府駅北口にもバラの花が…!「よっちゃばれ広場」にある武田信虎公、藤村記念館

武田信虎公の銅像と藤村記念館

甲府駅北口の通称「よっちゃばれ広場」を通ったら「藤村記念館」の周りを囲むようにバラの花が咲いていました。
先日紹介した甲府市東光寺町のTDK跡地のバラ園と同様に甘い香りが漂っていてまさに”healing”。

武田信虎公は武田信玄公の父で、つつじが崎館(現武田神社)に本拠地を移したのが1519年。この年をこうふ開府元年とし2019年に500年を迎えました。ちなみに信虎公銅像は南にそびえる富士山を見ているのだそうです。

藤村記念館

「藤村(ふじむら)記念館」は明治時代に建てられた学校の校舎です。この甲府駅北口に設置されたのは平成22年のことです。明治時代初期の山梨県令(現在の知事)であった藤村紫朗氏が擬洋風建築を積極的に奨励したため、当時はこのような擬洋風の建物が甲府市中心部にたくさん存在していたとのことです。1階は藤村紫朗氏に関する資料館、2階は当時の小学校の教室を再現したスペースになっています。

藤村記念館…甲府市北口2−2−1(甲府駅北口広場) 入場無料 
      休館日:月曜日(祝日の場合は翌日)、年末年始
       http://www.kitagucchi.com/cat10/

甲府観光はHKPツアーズで!下記をクリック!

カテゴリー
観光情報

バラ、咲いてます!毎年恒例の旧TDK跡地。地元ボランティアの方々の努力で美しく開花!

甲府市の山の手通り(通称:北バイパス)、旧TDKの跡地では今年もバラの花が咲き誇りました。5月9日の日曜日に行ったところ、バラは満開の状態で近づくと甘い香りが漂い、なんともいえない癒しを感じられます。

艶やかですね〜!
ピンクが綺麗に映えています!

フェンス沿いに黄色、ピンク、赤、白といったバラが艶やかに咲いているので車を運転しながらでも目につきますが、ぜひ駐車スペースに車を停めてしばらくの間、甘い香りに酔いしれてみてはいかがですか?
現在は地元のボランティアの方々がバラの手入れをなさってくれているとのこと。本当にありがとうございます。おかげさまで今年も綺麗なバラを堪能させていただきました。

一瞬バラには見えないけども、これもバラなんだぁ!

TDK跡地のバラ…甲府市東光寺町  山の手通りから愛宕山スカイラインへの入り口

甲府観光ツアー専門.